2014年07月05日

画伯、サバンナに想いをはせる




少し前の作品ですが、1号画伯の新作として発表させていただきます。

今回は、「サバンナシリーズ」の2作品。

なぜサバンナなのか…それは誰にもわかりません。


象
タイトル「象の家族」

かなり以前に象の絵はご紹介したことがありますが、あれから月日が流れ、画伯も進化を遂げています。
今回はただの象の絵ではなく、「家族」という深いテーマが織り込まれています。

行動をともにしながら、なぜか決して互いの目を合わせようとしない象の一家・・・
手前の大きな象は、画伯自身を象徴しているのでしょうか。

短すぎる足、長すぎる鼻。

何か言いたげに開かれた口。

深い、実に深い作品です。




続いては、数ある画伯の作品の中でも、私が最も困惑した一枚です。

こちらです。



サイ
タイトル【サイの親子】


3度見くらいしました。

そして、聞きました。


「これは…なんの絵?」


これが「サイ」だと知った瞬間の私が受けた衝撃たるや。

次の瞬間叫んだ、

モグラじゃねーのかよっexclamation&question

という、さまーず三村ばりのツッコミ。


こんなラブリーな唇のサイを、私は産まれて初めて目の当たりにしたのです。


凄すぎます、1号画伯。
まさに、世界に二人といない天才なのです。





※この記事は「変なブログトーナメント」に参加中です↓
変なブログトーナメント - その他ブログ村
変なブログトーナメント


※ランキング参加中です(^O^)ポチットネ♪

にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

posted by ウリボー2号 at 23:26| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 1号画伯の作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

1号、立体作品にも挑戦


はじめてのデジ画が満足のいく作品だったことに気をよくした1号。
(↑前回の記事参照

今度は、先日森林公園で撮影に成功したエゾエナガを作ったと言ってきました。

「・・・作ったexclamation&question描いたじゃなくてexclamation&question

といぶかる私に見せた作品が、こちら







1号作品、エゾエナガ
タイトル【エゾエナガ】







ティッシュじゃんexclamation×2exclamation×2exclamation×2



まるめたティッシュにマジックで目鼻(くちばし?)らしきものを書いただけ・・・

これが、画伯の立体作品第一号だそうです・・・



「いやーこれはうまくできたエナガだ。どうみてもエナガだるんるん

今回も実に満足げなご様子。

よほどこの傑作がお気に召したのでしょうか、






飾られた1号作品




がく〜(落胆した顔)飾りおった―――exclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2


あろうことかリビングのTV上の壁に、招き猫ちゃんの隣に堂々と飾っているではありませんかもうやだ〜(悲しい顔)


いつお客様が見つけて

「あれは…なんですか?」

って聞かれやしないかと、ビクビクしている今日この頃ですたらーっ(汗)




※ランキング参加中です(^O^)ポチットネ♪

にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

posted by ウリボー2号 at 14:29| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 1号画伯の作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

画伯、新ジャンルに挑む



いつもはチラシの裏などにラフな作品を描くことの多い1号画伯。

そんな画伯が、ついに、


ついに、


デジ画に挑戦しましたexclamation×2

1号が使ったのはこちらのサイトウェブで書初め

そう、作画ではなく、お正月向けの書初めツールです(笑)

その墨筆ツールで1号が描いた作品が、こちら。





1号作品、ワニ
タイトル【ワニ】




なぜ、漢字exclamation&question

「輪ニ」とは、オートバイのことではなく、どう見ても「ワニ」の当て字ですよね?
昔々に流行った、「夜露死苦(ヨロシク)」みたいな、アレですよね?




これは酷いあせあせ(飛び散る汗)(笑)
(ちなみに、ワニの正しい漢字は「鰐」)



しかしながら、これはまぎれもなく1号画伯の初めてのデジ画
新ジャンルへの挑戦に他なりません。

そしてこの後、更に未知なる領域へと彼は足を踏み入れるのです。

次回、

「1号、立体作品にも挑戦」


お楽しみにexclamation×2exclamation×2







※ランキング参加中です(^O^)ポチットネ♪

にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

posted by ウリボー2号 at 22:27| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 1号画伯の作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

1号画伯のお正月



みなさま、

明けましておめでとうございます


今年もどうにか無事に年を越せたウリボー家でございます。
昨年中はご愛読いただき、本当にありがとうございました。

皆様への感謝と新年のご挨拶をかねて、

1号画伯が久々に絵筆を取りました

せっかくのスケッチブック(ダイソーで購入)も、最近ではすっかりホコリを被り、コアなファンの皆様には「もう彼は筆を折ってしまったのか?」とご心配をかけておりましたが、年が明けてヒマ・・・いえ、心の余裕ができたらしく、こうして新作の発表となりました。



今年の干支である、馬をモチーフにした一枚が、こちら。








馬に乗った女性
タイトル【馬に乗った人】

ぱーぱーぱーぱらら〜ぱらら〜ぱーぱーぱーぱ〜(←あの曲)



いかがでしょうか。

ありえない足の関節。

馬なのに豚っ鼻。

本人も「躍動感あふれる傑作」と納得の一枚となりました。
※飲みかけのお茶でキーボードを濡らしてしまった方、当ブログは一切責任を負いませんのでご了承ください。

大作を仕上げて気分が乗ってきたらしい画伯、さらにもう1作品を発表するとの事です。


それが、こちら。








4羽のエゾエナガ
タイトル【かわいいエゾエナガたち】


「これそっくりじゃない?良くかけてるしょわーい(嬉しい顔)
と、お得意の鳥類を描いた作品に、またも自画自賛しておりました。






そう、1号画伯の画力は、まだまだ衰えていないようです。


本年もウリボーブログをよろしくお願い致します。




※ランキング参加中です(^O^)ポチットネ♪

にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

posted by ウリボー2号 at 17:42| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 1号画伯の作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

1号画伯の本気


「スケッチブックがほしい。」

と、突然1号が言い出しました。

おお。ついに本気で描く気になったのかexclamation&question

何事も形から入りたい性格の1号、家のコピー用紙ではなく、ちゃんとした画用紙にちゃんとした絵(?)を描きたくなったようです。

「でも、やっぱりはじめは100円ショップのでいいや。」

DPP_0075.JPG

幼稚園児かexclamation(笑)

そして、買ってきたらくがきちょうに描いた絵が、こちら。



DPP_0078.JPG



「まてまてまてーい手(パー)

私は叫びました。

これは明らかに不正のニオイがする・・・

DPP_0077.JPG

いや、こっちはいいんです。
これはかなり1号の味が出ている名画です。
どうやら「森のこびとハートたち(複数ハート)というメルヘンチックなものを描こうとしたようですが、かなり不気味な生き物に仕上がっています。

問題は【メロン熊】(←夕張のご当地キャラ)を描いたであろうこちらの絵。

DPP_0076.JPG

「上手すぎるexclamation絶対見ながら描いたでしょう、これパンチ

「いや、見てないよあせあせ(飛び散る汗)

「じゃあもう一回描いてみてよ。こんなに上手に描けるかどうか。」

「それはムリだって。同じ絵は2度と描けないからあせあせ(飛び散る汗)

本人があまりにも「見ないで描いた」と言い張るので、ひょっとして本当に絵が上手くなっちゃったのかも、と不安になった私でしたが・・・

数日後、1号がV3に書いた伝言メモを覗いてみると、



DPP_0074.JPG



「う、牛ぃexclamation&question



やっぱりあのメロン熊はカンニングだったようです。






※ランキング参加中(^O^)ポチットネ♪

にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

タグ:画伯
posted by ウリボー2号 at 00:45| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 1号画伯の作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする