2013年02月23日

PC画面の白って眩しくないですか?


皆さんのパソコンの画面、何色ですか?

「何色って、いろんな色だよexclamation

もちろんそうですね。
壁紙などはそれこそ十人十色、好きな色や画像を使っていることでしょう。

でも、文字を打ち込む部分や作業画面の余白部分はほとんどの方が【白】になっていると思います。
この白い背景部分、眩しいと感じたことはありませんか?
長時間画面を見ていると、目が疲れたりはしませんか?

実は私も1号もV3も、近視があり、コンタクトレンズや眼鏡が手放せないのですが、ふと

「PC画面だと目に優しい色は何色だろう?」

という疑問が浮かびました。

一般的に「目に優しい色は緑」と聞いたことがありますが、PC画面においてはそうとも限らないようです。
特に鮮やかな緑は、赤い色と並べると色相差が激しすぎるために「ハレーション」という、とても読みづらくなる現象が起きてしまいます。
そういう意味では、PC画面の白地に黒字という組み合わせも、目には優しくなさそうです。
ではどんな色が目に優しいのか。

調べてみると、薄茶色がいいとか(参考ページはこちら)、灰色がいいとか、(こちら)、ババ色(薄茶と良く似てますがババって…笑)がいいとか、様々です。

でも共通するのは、原色よりは少し濁った色が良いということ、そして、あまり濃すぎるのも文字と背景の対比(コントラスト)が低くなりすぎて見にくいということの2点のようです。

そんなわけで我が家のPCも、試験的に背景を明るめの薄茶に変えています。
確かに、真っ白だった時より目に優しい気がします。
ついでにこのブログのデザインもちょっと変更。
どうですか?少しはコントラストが柔らかくなったかな?


長時間PCに向かっていると何となく眩しい、目が疲れると感じている方は、リンク先を参考に背景色を換えてみるのも一つの方法かもしれませんねわーい(嬉しい顔)





※ランキング参加中です(^O^)ポチットネ♪

にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

posted by ウリボー2号 at 00:34| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これいいよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

幽霊人命救助隊


ここ数日、いじめを苦に少年が自殺した事件が取りざたされています。
一部のネット上では「自殺ではなくリンチ殺人だったではないか」とまでささやかれており、一刻も早い真相の究明が待たれますね。

いじめに限らず、実に様々な理由で、日本では年間3万人以上の人が自ら命を絶っているそうです。
どうしてこんなことになってしまったのか、考えずにはいられません。

そんな中で出会った本、

『幽霊人命救助隊』
高野和明著(文春文庫)


DPP_0169.JPG

すでに20万部を超えているロングセラーの小説だそうです。

タイトルの通り、幽霊が人命救助します。(笑)
それも、自殺しようとしている人限定で。

主人公の少年(浪人生)が自殺したことから始まる物語。
魂だけになった少年は三途の川ならぬ、断崖絶壁をよじ登り、頂上で同じように自らの命を絶った3人の人物と出会います。
そこへ、唐突に神様が降りてきます。

スカイダイビングでたらーっ(汗)

ヘルメットとゴーグル、ジャンプスーツを身にまとった神様・・・

ワクワクしますねexclamation×2(笑)

(ちなみに、私はドラゴンボールの亀仙人やハリーポッターのダンブルドア校長を思い浮かべてしまいました)

そして4人は神様の指令を受けるのです。

『幽霊として下界へ戻り、自殺しようとしている人を100人救ってこい』

と。

下界に降りたところで、幽霊なので誰にも見えません。
もちろん下界の物にも触れません。

じゃあどうやって自殺を思いとどまらせるのか?

彼らはあっと驚くやり方で自殺志願者の深層心理に働きかけ、次々と命を救っていきます。
始めはバラバラだった4人が、やがて一つにまとまっていきます。
物語の終盤に見せる、彼らの見事なチームワークは大きな見どころです。
本人も気づかないまま、この4人のレスキュー隊にうまく操られ、感情がフラフラと揺れ動く人間たちの様子もまた見どころ(笑)。
奇想天外で爆笑続きのストーリーの中にも、人と人との絆にほろりとさせられたり、今の日本の社会が抱える大きな問題にせまる部分があったりと、読めば読むほど奥の深ーい本だなぁと感じる一冊です。

この世界に生まれて、誰でも「死んでしまえたら楽なのに」と考えたことって、一度や二度はありますよね?
私や1号にも、あります。

そんな人にも超オススメな一冊です。


幽霊人命救助隊 (文春文庫) [文庫] / 高野 和明 (著); 文藝春秋 (刊)
幽霊人命救助隊 (文春文庫) [文庫] / 高野 和明 (著); 文藝春秋 (刊)


※ランキング参加中(^O^)ポチットネ♪

にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

posted by ウリボー2号 at 17:21| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | これいいよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする