2009年07月16日

サバイバルゲーム 第1章



ど〜も。V3です。
今回はなんと小説を書くことを決意しました。
それでは始まり。


       サバイバルゲーム 第一章 A 

 
2012年5月6日午後3時23分。

場所はアフリカ。

アフリカのどこかは分からない。

分かっていることは3つ。

ここは見た感じ街の中だ。

この街の中には俺しかいないと思う。

人の形だが人じゃない何かがうようよしている。

分からないことが2つ。

何故俺がここにいるか。

あの人達は何なんなのか。
  
えっ、ああ俺は誰かって?俺はレオ。レオ フィールド。元軍人。

「畜生、何なんだあいつら、ただここがどこだか聞こうとしただけなのに噛み付こうとするなんて・・・」

レオは空き家に隠れながら『あいつら』を観察していた。

しかし何も『あいつら』の正体をつかむヒントはつかめなかった。

「やっぱり見てるだけじゃダメか・・・」

レオは街の中の探索に行くことにした。

「しかし『あいつら』の正体は何なんだ?」

「何かって、人だよ、人。

でも、もう人じゃない。」

アメリカの地下でモニターを見ている男が言った。

言ったところで当然レオに聞こえるわけがない。

「いくか。」

レオが立ってドアに近づいた時、メモが床に落ちていた。

「んっ?」

《Aについて》

「A?」

それは『あいつら』を調べ上げた ジョン バーナーのものだった。


第二章へ続く。




posted by ウリボー2号 at 21:26| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | V3のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小説って今ブーム?
これってバOオだよね??
楽しみです!
続きもヨロシク。
Posted by たっちゃん at 2009年07月18日 08:30
ナゼ、いきなり小説を(*´д`)??
まぁ、いいけどさっw

そして、ナゼ、舞台がエジプト????
まぁ、続き頑張ってくれよw
Posted by トゥートゥルフー at 2009年07月18日 14:23
たっちゃん、この作品はバ〇オではないのです。(とか言いつつストーリー的には変わらない)

Posted by ウリボーV3 at 2009年07月18日 15:22
トゥートゥルフー君

何故いきなり小説を書いたかというと、ちょっと前に家で自分でノートに小説を書いていたんだよ。
そして先日そのノートを見つけてなんとなくまた書きたくなって書き始めたのだよ。
Posted by ウリボーV3 at 2009年07月18日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック