2017年08月02日

1号、ワラビーにメロメロ


クアッカワラビーという生き物をご存知でしょうか。

オーストラリアに生息するカンガルー科の小さな動物で、人懐っこく、見る角度によってはニッコリと笑っているように見える愛くるしい顔から、「世界一幸せな動物」と呼ばれています。
笑顔(?)で一緒に自撮り写真に写ってくれるので、観光客にも大人気。

「クアッカワラビー」で画像検索をしてみると、それはそれは可愛い自撮り写真の数々がこれでもかとヒットしてきます。
クアッカワラビー自撮り画像集
こんな感じ


この可愛さにハートを射抜かれたのが、1号です

「またオーストラリアに行きたい。」

「また」というのは、はるか昔、私たちが新婚旅行で行ったのがオーストラリアだったから。

あの時はゴールドコースト→モートン島→シドニーと、大陸の東側をめぐる旅でしたが、このワラビーさんが住んでいるのは大陸の西側。

「くっそー、なぜあの時、西側のパースコースにしなかったんだ

何十年も経ってからそんなこと後悔したって・・・💧

思い立って気軽に海外旅行へ行けるほどの時間も予算もございませんので、そこは涙を呑んでもらうしかないわけで。

それでもあきらめきれない1号は、やり場のないクアッカワラビー愛を、ついに白紙へとぶつけ始めたのです。

クアッカワラビーイラスト
タイトル『クアッカワラビー』


出た顔から生えた腕

そして、毎度のことながら、失敗したコピー紙の裏に描くこだわり。

「裏のインクが透けてしまうから描くなら新しい紙に描いて」ともう何度も何度もお願いしているのにも関わらず、画伯のリサイクル精神が紙の無駄遣いを許さないのです。。。

よくわからないけど、クアッカワラビーちゃんは確かにめちゃめちゃかわゆいですね。
ただ、人間による生息地の破壊や外来種の捕食で、数は激減してしまったそうです。
「世界一幸せな動物」じゃなかったと知ると、なおのことあの笑顔がけなげに見えてきます…
これ以上数が減らないように、環境保護も大切ですね。

それはそれとして、貧乏くさいから次からはちゃんと新しい紙に描いてよね、画伯さん



※ランキング参加中です(^O^)ポチットネ♪
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

posted by ウリボー2号 at 17:14| 北海道 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

幸運慣れしていない二人


今日は、1号にとってこの上なく幸運な1日でした。

仕事先で思いがけずお客様に頂いたカレンダー。

オードリー・ヘプバーンのカレンダー

彼の好きな、オードリー・ヘプバーンの特大カレンダーです。

モノクロの、とても素敵なカレンダー

気分よく帰宅したら、なにやら荷物が届いていました。

UCCx桑田佳祐のコラボTシャツ

これがなんと

年末に応募した、UCC缶コーヒーの懸賞Tシャツ

桑田佳祐とコラボした、なかなかおしゃれな黒Tシャツです。

1号は日ごろ、宝くじはもちろん懸賞というものにもめったに当たったことがありません。

「どうしよう、今日宝くじ買いに行った方がいいかな!?」

慣れない幸運の連鎖に、オロオロしながらも浮足立つ1号。

「いや、むしろ事故らないよう運転に気を付けた方がいいんじゃない?💧」

慣れない1号の幸運の連鎖に、ついネガティブな釘を打ち込む私。


今年はかなり幸先が良いのか、はたまた1年分の運気をここで使ってしまったのか、しばらくは不安と期待の入り混じった日々が続きそうです。




※ランキング参加中です(^O^)ポチットネ♪
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

posted by ウリボー2号 at 22:47| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

あけおめ〜


明けましておめでとうございます。


昨年中は皆様に大変お世話になり、ありがとうございました。

2016年は全国各地での地震被害や道内の台風被害など、大変な1年でしたよね。
一方で、ファイターズ10年ぶりの日本一という、最高に嬉しい瞬間も味わうこともできました。

悲喜こもごもの1年を経て、こうしてまた新しい年を家族で迎えられたことに、感謝感謝です


今年は、どんな年になるのでしょう。

これまで以上に、成長と発見に満ちた1年になるといいな。

皆さんにも幸せな1年となりますように


本年も、どうぞよろしくお願いいたします




※ランキング参加中です(^O^)ポチットネ♪
にほんブログ村 家族ブログ 面白家族へ

posted by ウリボー2号 at 16:56| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする